去勢 性格 変わる

去勢したら性格は変わるのか?

犬の去勢や避妊手術。

 

今では当たり前のように去勢や避妊が勧めれれていますが、飼い主さんによっては、犬が可哀そうに思えて迷っていらっしゃる方もいると思います。

 

ただ、世間の対応を見ても、去勢してない犬は入れない施設が多いし、しつけ教室でも去勢済みの犬を対象としたところがあるくらいです。

 

そこで今回は私の犬が5歳で去勢をした経緯や、生活がどう変わったかなど体験談をご紹介いたします。

去勢をする理由

去勢の時期はオスの性質が現れる前

ペットショップで犬を飼ったときに、去勢をした方がいいですよとお店の人から、私もアドバイスをされました。去勢に適した時期は玉が下りる前だったか、下りはじめた頃と言われたのか記憶が定かではありません。しかし犬の本を見ますと、生後6か月〜1年以内が良いと書かれています。生後6か月と言うとまだ子供なのに可哀そうな気もします。でも早いうちに去勢をすることで、足を上げておしっこをするなどのオス特有の行動を抑えられるという意見があります。

 

去勢をしていないオスはストレスが多い?

以前は先代犬が大人しかったこともあって、私は去勢を考えませんでした。動物を改造して本来の機能を失わせる行為のように思えたのです。映画に出てくる猿の惑星のようなイメージとでも言いましょうか……。私が去勢について考えるきっかけとなったのは、2代目犬が攻撃的な性格だったことにあります。

 

本やネットで調べたところ、本来の性格は去勢しても治らない。しかし生殖行動が原因で起こる行動はある程度少なくなるだろうと書かれていました。また犬のストレスが軽減される、病気の予防ができるなど、メリットも数多く紹介されています。そう言えば私の犬もたまにイライラしたり、興奮したり、何か行き場のないストレスを抱えている風にも見えました。

 

動物病院に貰った冊子を見ると、交尾をしたことのあるオス犬は、そうでない犬に比べてメス犬に興奮しやすくなると書かれていました。交尾をしなくても健康には問題はないそうです。老犬になって病気を患い、それからいざ去勢をするとなれば体の負担も大きいでしょう。

 

去勢をすると犬の性格は変わる?

去勢をすることで心配なこともありました。一番は性格の変化です。攻撃性が治まるのはいいのですが、おちゃめな部分まで失われて、逆にナイーブな面がいっそう濃くなるのではないかと思ったのです。得意芸の二足歩行を、もう二度と見せてくれないのではという不安もあって、手術の前日にはこれまで一緒に過ごした日々とお別れをするような気分でした。

 

手術代は混合ワクチンより安かった

それでも手術に踏み切ったのは費用が安かったのと、日帰りできる点が鍵になりました。私の犬はトイ・プードルのオスなので、1万円台だったかと思います。手術の前に健康診断もしたので、その料金も別途必要だったと記憶しています。麻酔も必要な手術なのに、混合ワクチンよりも費用がかからないなんて、ありがたい話です。動物病院は何かと高額費用を払わされるイメージがありますが、去勢に関しては安いんですね。

手術後の犬の様子は?

手術前後は絶食

混合ワクチンを受けたばかりだったので、しばらく間を置き、また梅雨の蒸し暑さがやって来る前の方が良いだろうと、手術の日程は5月の末に決定しました。手術の前日は20時以降は絶食でした。その少し前に最後の晩餐と思って、少量のおやつをやりました。

 

次の日の午前中に犬を病院へ預け、夕方には帰宅できました。健康診断の結果は問題なし。お尻の下辺りにぶらんと下がっていた袋が無くなった代わりに、首にエリザベスカラーを装着していました。まだ麻酔の影響でぼうっとするのか座り込んだままです。水を飲む様子もありません。そのわりに、おやつを欲しがってクゥークゥーと鳴く姿を見て、少しホッとしました。残念ながら絶食の指示が出ていたので、翌朝までは我慢です。

 

元気そうに見えても、夜鳴きをした

手術の翌日には犬はいつも通り元気になり、私が餌入れを洗っている間に、さっそく二足歩行を披露してくれました。でもいつもと違う体験をしたショックが少しあったのでしょう。元気が出てきた代わりに、珍しく夜鳴きをしました。

エリザベスカラーを装着した1週間の生活

散歩を断念

手術後に問題も発生しました。エリザベスカラーがラッパのように広がっているので、犬小屋につっかえ身動きが取れません。それまで開かずの扉だった犬小屋のてっぺんを初めて開放しました。おかげでエリザベスカラーをどこにもぶち当てずに、扉から顔を出すことはできました。しかし試しに家の前を散歩してみたところ、今度はエリザベスカラーが邪魔をして、地面を嗅ぐことができません。

 

それどころかエリザベスカラーが首へ食い込む勢いで、電柱や地面から跳ね返って来ます。犬はいつも通りの感覚でいるので、歩きはじめるとどうしても何かを嗅ぎたがって、そのたびにエリザベスカラーをバコバコとぶつけてしまうのです。このままでは首を痛めてしまうと思って、早々に散歩を断念しました。

 

餌を食べるのにも一苦労

エリザベスカラーのさらなる受難は家の中でも続きました。ドッグフードを食べるときに、エリザベスカラーが食い込んで、むせてしまうのです。どこを向いてもエリザベスカラーがどこかにぶち当たり、犬がパニックに陥るという悪循環が起こりました。もう少し柔らかめの素材だったら良かったのですけど、わりとしっかりした造りが災いしたようです。

 

エリザベスカラーがトラウマに

犬は何が起こったか理解できなかったらしく、だんだん動くことを恐れるようになりました。その場に硬まっている犬を見て、私の親は「明日、抜歯に行きなさい」と早くもしびれを切らした様子です。そうは言っても抜歯は感染症の心配が無くなる1週間後と決まっていたので、首を長くしてその日が来るのを待ちわびました。

 

エリザベスカラーは壊すと買い取りに

怖がる犬に、何とか餌を食べさせようと、私は1粒ずつ上から放り投げてやりました。喉に詰まらせる恐れがあるのでお勧めはできませんが、犬はパクッと空中キャッチしました。エリザベスカラーの内側に、餌を数粒ほど流し入れてもみました。エリザベスカラーは病院からの借り物で、汚すと弁償になります。ただでさえ犬の機嫌が悪いのに、布巾でお手入れしようとして、危うく咬まれそうになりました。

噛み癖は治ったのか?

気性の荒さは相変わらず

念願叶ってついに抜歯の日がやって来ました。あっという間に終わり、すぐにも帰宅できました。犬はその日ようやく犬小屋でくつろいで眠ることができたのです。気性の荒さは相変わらずで、愛嬌たっぷりの長所が消えることもありませんでした。

 

以前と変わった点もある

問題だった咬みつき行動に関しては、去勢後にも私が手を咬まれる事件が発生したところを見ると、あまり解決策にはならないようです。5歳で去勢したので、足を上げておしっこをするスタイルはすでに確立しており、やはり今までと変わりません。ただし外でフンをしたとき、後ろ足で砂をかける仕草をしなくなりました。あとは私の腕にしがみつく頻度が減ったことくらいでしょうか。ひょっとしたらこの2点はオスの生殖本能と関係があるのかもしれませんね。